コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲井弄斎 くもいろうさい

3件 の用語解説(雲井弄斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲井弄斎
くもいろうさい

地歌箏曲の曲名。 (1) 八橋検校作曲。箏組歌に付随して教習される「組歌中許物」の一つ。流行歌謡3歌を組合せて詞章とし,第1歌は「弄斎節」による。調弦は「本雲井調子」。同種のものに,倉橋検校作曲の『新雲井弄斎』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くもいろうさい【雲井弄斎】

地歌・箏曲の曲名。当時の流行歌謡の弄斎ろうさい節を歌詞とする。
八橋検校作曲の箏の弾き歌いの曲。本雲井調子。
佐山検校編詞・作曲による三味線弾き歌い曲。二上り。「歌弄斎」ともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone