コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲井弄斎 くもいろうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲井弄斎
くもいろうさい

地歌箏曲の曲名。 (1) 八橋検校作曲。箏組歌に付随して教習される「組歌中許物」の一つ。流行歌謡3歌を組合せて詞章とし,第1歌は「弄斎節」による。調弦は「本雲井調子」。同種のものに,倉橋検校作曲の『新雲井弄斎』がある。 (2) 佐山検校作曲の三味線曲の長歌。元禄 16 (1703) 年刊『松の葉』に詞章収録。『歌弄斎』ともいい,手事部が2段ある二上りの曲。三味線組歌の『弄斎』は別曲であるが,いずれも「弄斎節」として流行した歌謡の詞章を取入れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くもいろうさい【雲井弄斎】

地歌・箏曲の曲名。当時の流行歌謡の弄斎ろうさい節を歌詞とする。
八橋検校作曲の箏の弾き歌いの曲。本雲井調子。
佐山検校編詞・作曲による三味線弾き歌い曲。二上り。「歌弄斎」ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲井弄斎の関連キーワード平調子手事物上方唄地歌古曲付物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android