コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲井弄斎 くもいろうさい

3件 の用語解説(雲井弄斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲井弄斎
くもいろうさい

地歌箏曲の曲名。 (1) 八橋検校作曲。箏組歌に付随して教習される「組歌中許物」の一つ。流行歌謡3歌を組合せて詞章とし,第1歌は「弄斎節」による。調弦は「本雲井調子」。同種のものに,倉橋検校作曲の『新雲井弄斎』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くもいろうさい〔くもゐロウサイ〕【雲井弄斎】

箏曲(そうきょく)の一。八橋検校作曲。江戸初期の流行歌の弄斎節を、箏の雲井調子に移したもの。
上方唄。佐山検校作曲。三味線の手事物(てごともの)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くもいろうさい【雲井弄斎】

地歌・箏曲の曲名。当時の流行歌謡の弄斎ろうさい節を歌詞とする。
八橋検校作曲の箏の弾き歌いの曲。本雲井調子。
佐山検校編詞・作曲による三味線弾き歌い曲。二上り。「歌弄斎」ともいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲井弄斎の関連キーワード歌系図鶴山勾当富崎春昇川瀬里子地歌・地唄地歌舞津山撥天笠才寿富岡検校地歌手事物