コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方唄/上方歌 カミガタウタ

デジタル大辞泉の解説

かみがた‐うた【上方唄/上方歌】

江戸時代に京坂で流行した三味線。組歌・長歌・端歌・手事物(てごともの)・芝居唄・浄瑠璃物・作物(さくもの)などが含まれる。京唄地歌。→江戸唄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上方唄
かみがたうた

三味線音楽を発生地によって分類した名称。京坂地方で用いられていた「江戸唄」に対比する概念で、東西の交流が盛んになる明治中期以降、地唄の代名詞として東京で広まった。しかし現代では、曲名だけでよばれてきた『十二月(じゅうにつき)』『十日戎(とおかえびす)』といったはやり歌(東京では「俗曲」に分類する)までも京坂地方では「上方唄」というようになった。別に上方舞(京坂では舞ないしは地唄舞)では義太夫(ぎだゆう)と地唄の掛け合いや、上方長唄による曲の総称として用いる場合もある。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上方唄/上方歌の関連キーワード坂田兵四郎(初代)吉村 そめ竹内 駒香築山 登美俗曲評釈津山検校雲井弄斎上方歌五大力小道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android