雲崗様式(読み)うんこうようしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲崗様式
うんこうようしき

中国の雲崗石窟 (460~493) の造像様式。雲崗では砂岩を巧みに彫刻しているが,初期 (曇曜〈どんよう〉五窟) の様式は肉体の起伏がはっきり認められる薄い仏衣をまとった明るい丸顔の印度風仏像で,量感に満ちきわめて明朗で簡潔な表現をとっている。しかし 480年頃からは肉体の起伏のまったく認められない厚い仏衣をまとい,面長で口元に微笑をたたえたもの静かな中国風仏像が造られはじめた。これが後期様式 (第5・6洞) で,その変化の原因には曇曜を長とした北涼系工人から,長安出身の中国伝統美術の工人に交代したことが考えられよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android