コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲林院文蔵(7代) うんりんいん ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲林院文蔵(7代) うんりんいん-ぶんぞう

?-1661* 江戸時代前期の陶工。
正保(しょうほ)2年京都清水坂から粟田口(あわたぐち)にうつり,窯をひらく。以後,代々屋号を茶碗屋とし,大名家などの御用をつとめた。万治(まんじ)3年12月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲林院文蔵(7代)の関連キーワード順治帝順治帝寛文徳川綱重徳川頼房ルイ14世様式嵐三右衛門替花伝秘書(かわりはなでんひしょ)寛文模様康熙帝

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone