コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲鈴(1) うんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲鈴(1) うんれい

?-1717 江戸時代前期-中期の俳人。
陸奥(むつ)盛岡藩士だったが,僧となり,俳諧(はいかい)を森川許六(きょりく),各務(かがみ)支考にまなぶ。元禄(げんろく)13年大坂から北上して,佐渡に滞在,のち南下して京都にいたるまでの紀行「入日記(いりにっき)」を16年に刊行した。享保(きょうほう)2年2月2日死去。別号に摩詰庵(まきつあん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

雲鈴(1)の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業灘の清酒メーカー岩田涼菟ウィンケルマン王翬

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android