コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲鈴(1) うんれい

1件 の用語解説(雲鈴(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲鈴(1) うんれい

?-1717 江戸時代前期-中期の俳人。
陸奥(むつ)盛岡藩士だったが,僧となり,俳諧(はいかい)を森川許六(きょりく),各務(かがみ)支考にまなぶ。元禄(げんろく)13年大坂から北上して,佐渡に滞在,のち南下して京都にいたるまでの紀行「入日記(いりにっき)」を16年に刊行した。享保(きょうほう)2年2月2日死去。別号に摩詰庵(まきつあん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲鈴(1)の関連キーワード備後国大丸中津城浜松大空襲小野薬品工業小野薬品工業伊勢貞丈王翬河東節義山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone