零点(読み)れいてん

精選版 日本国語大辞典「零点」の解説

れい‐てん【零点】

〘名〙
点数得点がないこと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉下「そんなことしたら点ぢゃないか」
寒暖計の零度。氷点
※舎密開宗(1837‐47)外「気中にては華氏零点上三十二度を以て凍結し」
数学で、関数の値を0にする変数の値のその関数に対する。関数y=2x-4の零点は2であるという類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「零点」の解説

れい‐てん【零点】

得点が全くないこと。「試験で零点をとる」「恋人としては零点だ」
寒暖計の零度。氷点。
関数f(x)について、f(x)=0を満たす元(げん)xのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android