コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零点 レイテン

デジタル大辞泉の解説

れい‐てん【零点】

得点が全くないこと。「試験で零点をとる」「恋人としては零点だ」
寒暖計の零度。氷点。
関数f(x)について、f(x)=0を満たす元(げん)xのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいてん【零点】

試験や競技などで、点数が全くないこと。ゼロ。 「試験で-を取る」
全く値打ちがないこと。 「彼は父親として-だった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

零点の関連キーワードリーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)戾・令・例・冷・励・勵・嶺・戻・玲・礼・禮・鈴・隷・零・霊・靈・麗・齡・齢バーチ・スウィンナートン=ダイアー予想リー‐ヤン(李‐楊)の円定理フォスターのリアクタンス定理ばねばかり(ばね秤)リーマンのゼータ関数ストップウォッチゼロ点エネルギーリーマンの仮説零点エネルギーエネルギー量子リーマン予想液体ヘリウムセルバーグ振動量子数調和振動子ゼロ点振動ヒルベルト代数幾何学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android