零記号(読み)ゼロきごう

精選版 日本国語大辞典の解説

ゼロ‐きごう ‥キガウ【零記号】

〘名〙
① 言語学で、形式的に見て欠如している箇所が意味をもつとき、それを記号と見なして呼ぶ語。たとえば英語の単複同形の語 deer, sheep について、複数の場合は -s がゼロ記号として存在すると考える。また、英語の複数形態素(Z1)の異形態を /s/ /z/ /iz/ と記述するとき、/φ/ (φはゼロを表わす記号)という形を設定する。
② 時枝誠記の文法学説で用いられた語。話し手の主体的な表現が、積極的な言語形式はとらないが存在していると考えるもの。たとえば、「花、うつくし」という表現では、「花」の下に「が」に当たる辞が、「うつくし」の下に「だ」に当たる断定の陳述が、それぞれゼロ記号の形で存在しているとする。また、「火事!」「行く?」のように、「!」「?」などで表わされる場合もある。れい記号。

れい‐きごう ‥キガウ【零記号】

〘名〙
① 零を表わす記号。アラビア数字の系列に用いる0、漢数字の系列に用いる〇など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android