コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時枝誠記 ときえだもとき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時枝誠記
ときえだもとき

[生]1900.12.6. 東京
[没]1967.10.27. 東京
国語学者。 1925年東京帝国大学国文科卒業。京城帝国大学助教授を経て 33年同大学教授。 43年東京帝国大学教授。同年文学博士。 61年定年退官し早稲田大学教授となる。江戸時代以前の国語研究書を調査したのち,『手爾葉大概抄 (てにはたいがいしょう) 』や鈴木朖 (あきら) の『言語四種論 (げんぎょししゅろん) 』などの研究を通して,言語を「もの」ではなく,人間の表現活動であるとみる言語理論,すなわち言語過程説を案出し,国語問題や国語教育にも力を入れた。主著『国語学史』 (1940) ,『国語学原論 (正編) 』 (41) ,『国語学原論続編』 (55) のほか,『日本文法・口語編』 (1950) ,『日本文法・文語編』 (54) など。主要論文は『時枝誠記博士論文集』 (3巻,73,75,76) に収められ,ほかに卒業論文を含む『時枝誠記博士著作選』 (3巻,76~77) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ときえだ‐もとき【時枝誠記】

[1900~1967]国語学者。東京の生まれ。ソシュール言語理論を批判し独自の言語観に基づき、言語過程説を唱え、国語学の分野に新しい展開をもたらした。著「国語学原論」「国語学史」「日本文法口語篇」「日本文法文語篇」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

時枝誠記【ときえだもとき】

国語学者。東京生れ。東大国文科卒。言語過程説を提唱し,その言語本質観に基づいて語を詞と辞に分け,辞論を中心として独自の文法論や敬語論を展開した。国語学史・国語史研究にもすぐれた業績を残した。
→関連項目国語学文節

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時枝誠記 ときえだ-もとき

1900-1967 昭和時代の国語学者。
明治33年12月6日生まれ。京城帝大教授をへて,昭和18年母校東京帝大の教授。のち早大教授。言語過程説といわれる言語本質論を提唱し,文法論,敬語論,文章論を展開した。戦後の国語問題,国語教育にも影響をあたえた。昭和42年10月27日死去。66歳。東京出身。著作に「国語学史」「国語学原論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ときえだもとき【時枝誠記】

1900‐67(明治33‐昭和42)
国語学者。東京神田に時枝誠之の長男として出生。第六高等学校を経て東京大学文学部国文学科に入学,上田万年(うえだかずとし),橋本進吉の指導を受け,1925年卒業。27年京城帝大助教授,33年教授にすすみ,43年橋本進吉の後任として東京大学教授となる。はじめ《国語学史》(1940)を発表してその記述態度・方法において学界の注目を集め,さらに第2次大戦中の《国語学原論》(1941)においてはみずから〈言語過程説〉と命名した言語本質観にもとづく国語学の体系を公表し,やがて戦後の学界に新しい刺激剤となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ときえだもとき【時枝誠記】

1900~1967) 国語学者。東京生まれ。京城帝大・東大・早大教授。ソシュール学説批判の立場から独自の言語学説「言語過程説」を唱えた。著「国語学原論」「国語学史」「日本文法」「文章研究序説」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時枝誠記
ときえだもとき
(1900―1967)

国語学者。文学博士。東京・神田生まれ。1925年(大正14)東京帝国大学卒業。京城帝国大学教授を経て、43年(昭和18)から61年(昭和36)まで東京大学教授。以後早稲田(わせだ)大学教授。江戸時代以前の国語研究の態度、意識、方法を探索することを研究の出発点とし、その研究は、実証的研究というよりも、基礎的理論を樹立するという方向にあり、研究分野は国語学のほぼ全領域にわたっている。江戸時代以前の国語研究を整理したものに『国語学史』(『岩波講座 日本文学』の一冊。1933)、『国語学史』(1940)がある。37年6、7月にわたって発表された「心的過程としての言語本質観」(『文学』5ノ6、7)によって、言語を人間行為そのものとみる「言語過程説」が正面に打ち出される。これ以後、この言語本質観に基づいて、文法論、意味論、文字論、音声論、言語美論、敬語論等の各分野にわたっての論文が発表され、41年に『国語学原論』としてまとめられた。以後、文法論は、『日本文法 口語篇(へん)』(1950)、『日本文法 文語篇』(1954)、『文章研究序説』(1960)などによって体系化された。国語問題、国語教育の分野にも積極的な関心をもち、それぞれ独自の見解を公にしている。『国語学原論』を発展させたものに『国語学原論 続篇』(1955)がある。言語生活史の体系的記述が企図されていたが、未完に終わった。[鈴木一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の時枝誠記の言及

【国語学】より

…昭和年代になって,ソシュールの理論がいち早く紹介された。ソシュールに対しては,時枝誠記の独自の批判がある(《国語学原論》)。1930年代には,トルベツコイを中心とするプラハ言語学派の音韻論が導入された。…

※「時枝誠記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時枝誠記の関連キーワード辞(日本語文法)詞(日本語文法)三浦 つとむ言語四種論時枝 誠記山田孝雄昭和時代ゼロ記号形容動詞零記号助動詞鈴木朖品詞単語助詞増鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android