コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷干し カミナリボシ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐ぼし【雷干し】

シロウリを小口から螺旋(らせん)状に長く続けて切り、塩押しにして干したもの。適宜に切り三杯酢で食べる。輪の形のつながるさまが雷神の太鼓に似るところからの名という。干し瓜。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

雷干しの関連キーワード

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android