コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷干し カミナリボシ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐ぼし【雷干し】

シロウリを小口から螺旋(らせん)状に長く続けて切り、塩押しにして干したもの。適宜に切り三杯酢で食べる。輪の形のつながるさまが雷神の太鼓に似るところからの名という。干し瓜。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

雷干しの関連キーワード