雷豆腐(読み)かみなりどうふ

日本大百科全書(ニッポニカ)「雷豆腐」の解説

雷豆腐
かみなりどうふ

豆腐を切るか、または砕いて、油で炒(いた)めた料理。豆腐を炒めるとき、水分が多いので、ばりばりと大きな音がたつ。この音が雷のようであるため、雷豆腐の名がついたといわれている。一般的には、豆腐の水をきり、ざっとつぶしてごま油で炒め、細かく切ったネギ、おろし大根、おろしわさび、あるいはサンショウを加え、しょうゆで味つけして仕上げる。また、水切りした豆腐を小さい角切りにし、しょうゆで下味をつけ、小さく砕いた葛粉をまぶして油で揚げたものをいうこともある。

[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「雷豆腐」の解説

かみなりどうふ【雷豆腐】

水気を切った豆腐をくずしながらごま油で炒め、ねぎ、大根おろし、わさび・しょうが・さんしょうなどを加え、しょうゆで味つけした料理。◇熱したで豆腐を炒めるとき、バリバリとのような大きな音がすることから。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「雷豆腐」の解説

かみなり‐どうふ【雷豆腐】

〘名〙
① 煮たった胡麻油(ごまあぶら)の中へ、くずした豆腐を入れ、しょうゆを注いで味をつけたもの。南京豆腐。
※喰物生類むり問答(1830‐44)初「落ちもせずして雷豆腐といふがいかに、つかまれはせねど鯔(いな)に臍(へそ)あるがごとし」
② 豆腐を茶筒のふたなどで丸く型抜きし、油で揚げたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android