電子計算機使用詐欺罪(読み)でんしけいさんきしようさぎざい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子計算機使用詐欺罪

刑法に規定されている犯罪のひとつ(第246条の2)。コンピューターを操作して他人をだまし、不正に財産を得たり、得させたりすると、罰せられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんしけいさんきしようさぎざい【電子計算機使用詐欺罪】

コンピューターに偽にせの情報を入力する等の電磁記録情報の改変によって財産上の利益を得る犯罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子計算機使用詐欺罪
でんしけいさんきしようさぎざい
Computerbetrug

人の事務処理に使用するコンピュータ虚偽の情報もしくは不正の指令を与えて財産権得喪,変更にかかわる不実の電磁的記録を作成したり,または財産権の得喪,変更にかかわる虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して,財産上の利益を取得し,または他人をして取得させる犯罪。詐欺罪においては「人を欺罔 (ぎもう) する」ことが犯罪成立の要件とされているが,コンピュータデータを不正に操作し変更を加えることによって財産上の利益を得る行為においては,機械を欺いたという点で,その要件には該当しない場合があるため,詐欺罪を補充する犯罪類型が必要となり,1987年の刑法改正によって新しく導入された。銀行のオペレータが自己の預金口座への架空入金のデータを入力するような行為のほか,偽造したプリペイドカードを用いてサービスの提供を受ける行為も本罪を構成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android