コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子記録債権法の成立 でんしきろくさいけんほうのせいりつ

1件 の用語解説(電子記録債権法の成立の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

電子記録債権法の成立

電子記録債権とは、金額、支払期日、債権者・債務者・債権の譲受人の氏名、などの情報を登録原簿に登録することによってのみ、その発生や譲渡がなされる金銭債権である。従来の指名債権手形債権とは別の新しい金銭債権である。ごく大雑把には、手形を電子化(ペーパーレス化)したものといえるだろう。磁気ディスク等をもって電子債権記録機関が作成する記録原簿への情報電子記録を債権の発生、譲渡等の効力要件とし、その権利内容が当該記録原簿の記録によって定まる電子記録債権についての規定を整備している。取引の安全を確保するため、別段の記録をしない限り、手形と同様、電子記録債権の譲渡に善意取得人的抗弁の切断の効力が認められる。 電子記録債権法は2007年6月20日に成立し、同年6月27日に公布された。08年12月までに施行される予定となっている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子記録債権法の成立の関連キーワード債権債権者代位権債権者取消権指名債権債権国遺産債権者相続債権者転付金額債権電子記録債権法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone