コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別段 ベチダン

デジタル大辞泉の解説

べち‐だん【別段】

べつだん(別段)」に同じ。
「是は異朝の先規(せんぎ)たるうへ、―の事なり」〈平家・一〉

べつ‐だん【別段】

[名]特に異なること。特別・格別なこと。「別段の配慮をする」
[副](あとに打消しの語を伴って用いる)特にとりたてて言うほどではないさま。とりわけ。「別段変わった事はありません」「別段欲しいものはない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べつだん【別段】

( 名 )
常と異なること。 「 -のことはない」 「 -の取り扱い」 「あの多助の志は-だと云つてさあ/塩原多助一代記 円朝
( 副 )
(多く下に打ち消しの語を伴って)取り立てて言うこともないという気持ちを表す。特別。とりわけ。 「 -変わったこともない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

別段の関連キーワード領事関係に関するウィーン条約ニクザキン(肉座菌)電子記録債権法の成立バネッサ フェラーリ自国民不引渡しの原則コロプレスマップマネー・サプライオランダ風説書塩原多助一代記賃金支払い保護M1M2M3有限責任社員要求払預金共同発明者流動性預金代表取締役国税通則法特定物債権鶴見虹子株式分割

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別段の関連情報