別段(読み)べつだん

精選版 日本国語大辞典「別段」の解説

べつ‐だん【別段】

[1] 〘名〙 (形動) 特に異なること。常と異なること。特別なこと。べちだん。
※玉葉‐寿永二年(1183)七月二日「賊徒乱入花洛之程事、別段事也」
※高野本平家(13C前)一「異朝の先規たる上、別段(ベツダン)の事なり」
[2] 〘〙 特に。とりわけ。殊に。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)三立「別段掃除も念を入れろと」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「別段役に立つといふ方でもなし」

べち‐だん【別段】

〘名〙 (形動) (「べち」は「別」の呉音) =べつだん(別段)(一)
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「南都北嶺の衆徒逆悪に帰し、武勇を嗜むは別段(ベチダン)のおきて也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「別段」の解説

べつ‐だん【別段】

[名]特に異なること。特別・格別なこと。「別段の配慮をする」
[副](あとに打消しの語を伴って用いる)特にとりたてて言うほどではないさま。とりわけ。「別段変わった事はありません」「別段欲しいものはない」
[類語]殊に特にとりわけなかんずく特別ことさら殊の外ひときわ中でも分けても折り入ってわざわざせっかく格別格段特段特殊特異別にこれと言うスペシャル

べち‐だん【別段】

べつだん(別段)」に同じ。
「是は異朝の先規せんぎたるうへ、―の事なり」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android