コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波分光学 でんぱぶんこうがくradio frequency spectroscopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波分光学
でんぱぶんこうがく
radio frequency spectroscopy

分子,原子,原子核などのエネルギー準位の微細な差を測定する分光学の分野。振動数が約 100kHzから 100GHz程度の単一振動数の電波分子,原子,原子核などに当てて準位間の共鳴遷移を起させ,そのスペクトルから 10-4 eV以下の微小な準位構造が調べられる。磁気共鳴,核四重極共鳴,常磁性共鳴,強磁性共鳴や,原子線,分子線の技術を併用し,分子構造,分子内の回転,超微細構造,ゼーマン効果シュタルク効果,核の磁気モーメントや電気四重極モーメントなどが研究対象となっている。レーザーやメーザーの技術は,これに関連して進歩した。波長 10cm~1mm (振動数3~300GHz) のマイクロ波領域の電波を用いたものを,特にマイクロ波分光学ということもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電波分光学の関連キーワード超微細構造電波天文学常磁性共鳴強磁性共鳴分光化学タウンズ磁気共鳴分子線