コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波時計 デンパドケイ

デジタル大辞泉の解説

でんぱ‐どけい【電波時計】

標準時の信号を乗せた標準電波を定期的に受信して、標準時を表示する時計。標準電波送信所から発信される標準電波に含まれる時刻コードを利用して、時刻を自動的に修正する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電波時計

国内では、標準電波として送信される「日本標準時」を時計に内蔵されたアンテナが受信し、時刻を自動補正する仕組み。通常は1日に1回補正するが、手動でも調節できる。室内や建物の陰など電波が届きにくい場所では受信できない場合もある。

(2011-03-26 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんぱどけい【電波時計】

標準時刻の情報をもつ標準電波を内蔵装置で受信し、自動的に時刻を補正する時計。電波クロック。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電波時計
でんぱどけい

電波による時計の制御、報時など、電波がなんらかの形で時計に結び付いたものの総称。電波修正時計はその一つで、毎日1回あるいは数回、標準電波やラジオの時報を受信し指針を修正するもので、高精度を保つことができる。また電波運針時計は連続的に発射される時間信号を受信し運針する時計をいう。スイスのヌーシャテル天文台では75キロヘルツによる時間信号サービスを全ヨーロッパに向けて1966年1月1日から行っている。さらに報時時計あるいは音声時計とよばれ、必要なときに受信機のスイッチを入れて時刻放送を聞く形式のものも、この種類に含まれる。[元持邦之]
 日本で使われている電波時計は、独立行政法人情報通信研究機構が運用する時間信号送信を利用している。時間信号は、福島県の大鷹鳥谷(おおたかどや)山山頂付近と、佐賀県と福岡県の県境にある羽金(はがね)山山頂付近の、二つの標準電波送信所から送信されている。これらの送信所の設備が整備されてから、カバーされる領域は日本全国に広がり、かつメーカーから2003年(平成15)以降、小型化されたアンテナ内蔵のウォッチが供給され、電波を受信して誤差を自動修正するウォッチ、クロックの普及が大いに進んだ。併行してワールドタイム機能をもち、日本以外、欧米、中国においても修正可能なマルチ受信商品の販売も増加した。[久保田浩司]
『日本時計学会編・刊『マイクロメカトロニクス Vol.53 No.200』(2009)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電波時計の関連キーワード情報通信研究機構(NICT)シチズンシービーエムクロノメーター精密機械工業時刻受信時計爆・笑太郎電気時計

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電波時計の関連情報