コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁光学 でんじこうがくelectromagnetic theory of light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁光学
でんじこうがく
electromagnetic theory of light

光を電磁波として扱い,研究する光学の分野。マクスウェルの方程式から電磁現象が空間を波動として伝わる解が得られ,その速度が光の速度と一致することから,光の電磁波説が成立した。ここから光の吸収・放出・散乱・分散などを電磁波と物質相互作用という観点から論じる電磁光学理論が発展してきた。その後,結晶光学,金属光学,薄膜の光学などが物質の電磁的性質を解明してきたが,こうした名称で呼ばれた学問は,巨視的立場からは古典的に論じられることが多くなった。そのため結晶などの量子力学的性質が論じられる場合には光物性光学,光と物質の相互作用として光の量子力学的ふるまいが重要になってくる場合には,量子光学と呼ばれる学問分野が発展してきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんじこうがく【電磁光学】

光を電磁波として扱う光学の一分野。物理光学とほぼ同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

電磁光学の関連キーワードローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)マクスウェル杉浦 義勝ウィーン波の速度物理光学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電磁光学の関連情報