コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子光学 りょうしこうがく quantum optics

3件 の用語解説(量子光学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量子光学
りょうしこうがく
quantum optics

電磁波の発生機構やその性質,あるいは電磁波と物質の相互作用量子力学的に論じる学問。量子エレクトロニクス呼ばれる学問が 1954年に発明されたメーザーを中心に展開され,マイクロ波の発生や増幅,物質との相互作用を研究していたが,60年のレーザーの発明以来,学問の中心が光領域に移り,その内容も広がったため量子光学の名が使われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐こうがく〔リヤウシクワウガク〕【量子光学】

量子力学を基礎に、光の粒子性や光と物質の相互作用について研究する光学の一分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょうしこうがく【量子光学 quantum optics】

光の発生や伝搬,検出,あるいはもっと一般的に光と物質との間の,主として共鳴的な相互作用を量子論的に扱う学問。量子エレクトロニクスの名で呼ばれることもある。1954年にメーザーが発明されて,物質と電磁波との間の相互作用について新しい局面が開けた。すなわち,従来から観測され,利用されてきた吸収と自然放出の過程のほかに,新たに誘導放出過程を利用してのマイクロ波の増幅や発振ができるようになったのである。マイクロ波の場合には,それまでにも,クライストロンなどの電子管を使った電子回路でも,同様の作用を行わせることができたが,電子回路における電子の運動が受けもつ役割を,メーザーの場合には原子や分子の量子状態間の遷移といういわば量子力学的効果が受けもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

量子光学の関連キーワード極限等級定性分析伝搬重ったるいモットー移行伝搬核の発生体表面積の法則フリント法則放射検出器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量子光学の関連情報