量子光学(読み)りょうしこうがく(英語表記)quantum optics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量子光学
りょうしこうがく
quantum optics

電磁波の発生機構やその性質,あるいは電磁波と物質の相互作用量子力学的に論じる学問。量子エレクトロニクスと呼ばれる学問が 1954年に発明されたメーザーを中心に展開され,マイクロ波の発生や増幅,物質との相互作用を研究していたが,60年のレーザーの発明以来,学問の中心が光領域に移り,その内容も広がったため量子光学の名が使われるようになった。レーザー光のようにコヒーレントで強い光と相互作用すると物質はさまざまな新しい現象を示す。スペクトル線が広がる飽和現象,光エコーなどのコヒーレント過渡現象,光の集束効果,超放射,光の高調波発生,光パラメトリック効果などがそれで,その研究はレーザー分光学非線形光学と呼ばれ,物質の新しい性質やその利用を研究対象としている。光のスクイーズド状態,アンチバンチング状態など量子光学でなければ理解できない新しい光の性質も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうしこうがく【量子光学 quantum optics】

光の発生や伝搬,検出,あるいはもっと一般的に光と物質との間の,主として共鳴的な相互作用を量子論的に扱う学問。量子エレクトロニクスの名で呼ばれることもある。1954年にメーザーが発明されて,物質と電磁波との間の相互作用について新しい局面が開けた。すなわち,従来から観測され,利用されてきた吸収と自然放出の過程のほかに,新たに誘導放出過程を利用してのマイクロ波の増幅や発振ができるようになったのである。マイクロ波の場合には,それまでにも,クライストロンなどの電子管を使った電子回路でも,同様の作用を行わせることができたが,電子回路における電子の運動が受けもつ役割を,メーザーの場合には原子や分子の量子状態間の遷移といういわば量子力学的効果が受けもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android