コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電鳴楽器 でんめいがっきelectrophone

翻訳|electrophone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電鳴楽器
でんめいがっき
electrophone

楽器の分類名称。 C.ザックスは 1940年に公刊した『楽器の歴史』のなかで,従来の4分類 (体鳴楽器膜鳴楽器弦鳴楽器気鳴楽器) に対して,第5類に相当するこの電鳴楽器を加え5分類とした。この類は,現代のエレクトロニクスの発達によって生れた楽器で,電気増幅楽器と電気発振楽器に大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でんめい‐がっき〔‐ガクキ〕【電鳴楽器】

電気を利用する楽器の総称エレクトリックギターのように、電気によらない音を電気信号に変えて増幅する電気増幅楽器と、シンセサイザーのように、発音そのものに電気を用いる電気発振楽器がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電鳴楽器【でんめいがっき】

楽器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電鳴楽器
でんめいがっき
electrophone英語
Elektrophonドイツ語
lectrophoneフランス語

ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(1914)に、のちザックスが1940年に電気を用いた楽器のために加えた第五の分類。電気を用いずに出された音を電気信号に変えて増幅し、また音色に変化をつけることもある「電気増幅楽器」と、発音そのものに電気を用いる「電気発振楽器」に下位分類される。したがって、電気式アクションのオルガンなどは、電鳴楽器には分類されない。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電鳴楽器の関連キーワード鍵盤楽器電気楽器

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android