コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊波 れいは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊波 れいは

1290-1377 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)3年生まれ。華厳(けごん)宗。鎌倉称名寺の湛睿(たんえい)にまなび,東大寺戒壇院の盛誉(じょうよ),俊才から受戒。奈良の七大寺に遊学し,応安6=文中2年(1373)称名寺の住持となった。永和3=天授3年8月15日死去。88歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は足利。字(あざな)は性通。著作に「華厳五教章見聞鈔」「律興要伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の霊波の言及

【信仰治療】より

…しかし信仰治療の意味づけとしては,さわる者の手から,さわられる者の身体に何か目に見えない霊力のようなものが移り伝わると信じられた。これを未開社会ではマナ(呪力)といい,あるいは触れないままで,手をかざしただけで,何かが伝わるときには霊波ともよぶ。そしてその霊波の伝わりによって病者の身体が,ひとりでに動き出し,痙攣(けいれん)発作のような状況を呈するとき,これを霊動といってその効果のあらわれた証拠とすることがある。…

※「霊波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霊波の関連キーワード南北朝時代総融正応

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android