コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊玄 れいげん

1件 の用語解説(霊玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊玄 れいげん

1619-1698 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)5年生まれ。浄土宗。出羽(でわ)田沢城(秋田県)城主の子という。常陸(ひたち)(茨城県)瓜連(うりづら)常福寺の台山にまなぶ。のち武蔵(むさし)滝山(東京都)大善寺,下総(しもうさ)飯沼弘経寺(茨城県),江戸増上寺の住職となる。貞享(じょうきょう)2年(1685)浅草霊山寺を再興した。元禄(げんろく)11年5月9日死去。80歳。字(あざな)は一到。号は信蓮社生誉。著作に「浄業図記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

霊玄の関連キーワード福山藩クライアー備後国横須賀藩伊藤信徳宇野明霞木下順庵傾城浅間嶽佐々十竹続猿蓑

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone