コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊玄 れいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊玄 れいげん

1619-1698 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)5年生まれ。浄土宗。出羽(でわ)田沢城(秋田県)城主の子という。常陸(ひたち)(茨城県)瓜連(うりづら)常福寺台山にまなぶ。のち武蔵(むさし)滝山(東京都)大善寺,下総(しもうさ)飯沼弘経寺(茨城県),江戸増上寺の住職となる。貞享(じょうきょう)2年(1685)浅草霊山寺を再興した。元禄(げんろく)11年5月9日死去。80歳。字(あざな)は一到。号は信蓮社生誉。著作に「浄業図記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

霊玄の関連キーワード鸞宿元和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android