霜夜(読み)シモヨ

デジタル大辞泉の解説

しも‐よ【霜夜】

空が晴れての降りる寒い夜。 冬》「我骨のふとんにさはる―哉/蕪村

そう‐や〔サウ‐〕【霜夜】

霜が降りた夜。しもよ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもよ【霜夜】

霜の降りる寒い夜。 [季] 冬。 《 我骨のふとんにさはる-かな /蕪村 》

そうや【霜夜】

霜の降りた夜。しもよ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しも‐よ【霜夜】

〘名〙
① 霜のおりる寒い夜。《・冬》
※万葉(8C後)二〇・四四三一「小竹(ささ)が葉のさやぐ志毛用(シモヨ)に七重着(か)る衣に益(ま)せる子ろが膚はも」
② 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は甘酸。六十一種名香の一つ。冷ややかに冴えた匂いであるところからの名。

そう‐や サウ‥【霜夜】

〘名〙 霜がおりた夜。しもよ。
※宝物集(1179頃)三「美陽洞秋壇、燕子楼霜夜、をばすて山の明ぼの、あかしの浦の浪のこゑ」 〔李白‐寄崔侍御詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜夜の関連情報