コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日生 ひなせ

2件 の用語解説(日生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日生
ひなせ

岡山県南東部,備前市南東部の旧町域。播磨灘に臨む片上湾岸にある。 1906年町制。 1955年福河村と合体。 2005年備前市,吉永町と合体して備前市となった。片上湾口の鹿久居島大多府島などの日生諸島を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日生
ひなせ

岡山県南東部、和気(わけ)郡にあった旧町名(日生町(ちょう))。現在は備前(びぜん)市南東部を占める地域。瀬戸内海上の日生諸島の大部分を含む。旧日生町は、1906年(明治39)町制施行。1955年(昭和30)福河(ふくかわ)村と合併。2005年(平成17)吉永(よしなが)町とともに備前市と合併した。沈降海岸で平地は少ない。JR赤穂(あこう)線と国道250号が東西に走る。中心集落の日生は、近世は漁村で加子浦(かこうら)に属して繁栄した。明治以降、耐火れんが工業、製網業が発達し、海運業も活発化した。日生港から瀬戸内海国立公園に属す日生諸島や小豆(しょうど)島へ定期船があり、また県東部では牛窓(うしまど)港と並ぶ漁港でもある。中南米の遺物を集めたBIZEN中南米美術館がある。[由比浜省吾]
『『日生町誌』(1972・日生町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日生の関連キーワード蒲生備前岡山県備前市伊部岡山県備前市久々井岡山県備前市坂根岡山県備前市佐山岡山県備前市閑谷岡山県備前市鶴海岡山県備前市福田岡山県備前市穂浪

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日生の関連情報