霧筑波(きりつくば)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きりつくば【霧筑波】

茨城の日本酒。酒名は、洋画家・服部正一郎の同名の絵画から命名。全製品で小川酵母を使用。酵母発見者・小川知可良の名を冠した「知可良」は氷温で3年熟成させた大吟醸古酒。ほかに大吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦、五百万石、雄町など。仕込み水は小貝川の伏流水。蔵元の「浦里酒造店」は明治10年(1877)創業。所在地はつくば市吉沼。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android