コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露けし ツユケシ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐け・し【露けし】

[形ク]露にぬれて湿っぽい。和歌などの修辞法で、涙にぬれている意を表すことが多い。 秋》
「涼しく―・き夕は空より地上に降りぬ」〈鴎外訳・ふた夜〉
「虫の音に―・かるべきたもとかはあやしや心もの思ふべし」〈山家集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆけし【露けし】

( 形ク )
露にぬれてしっとりしている。和歌で、涙がちである意を込めて用いる。 [季] 秋。 「さらでだに-・きさがののべにきて昔の跡にしほれぬるかな/新古今 哀傷
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

露けしの関連キーワード行くさ来るさ修辞法女郎花和歌哀傷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android