コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青丹よし アオニヨシ

デジタル大辞泉の解説

あおに‐よし〔あをに‐〕【青丹よし】

[枕]
「奈良」にかかる。奈良坂で顔料の青土を産したところからという。
「―奈良の都は」〈・三二八〉
「国内(くぬち)」にかかる。
「―国内ことごと見せましものを」〈・七九七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あおによし【青丹よし】

( 枕詞 )
〔「よ」も「し」も間投助詞〕
「奈良」および「国内くぬち」にかかる。奈良は青土を産出したからとも、青と丹の色で美しい奈良の意によるともいう。 「 -奈良を過ぎ/古事記 」 「 -国内ことごと見せましものを/万葉集 797

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

青丹よしの関連キーワード奈良県奈良坂万葉集小野老国内青丹

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android