コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木北海 あおきほっかい

2件 の用語解説(青木北海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木北海
あおきほっかい

[生]天明3(1783).越中,富山
[没]慶応1(1865)
江戸時代後期の国学者。国体をけがすものとして漢文を忌避し,和文を重んじた。著書『神教大訓』『神道文言』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木北海 あおき-ほくかい

1782/83-1865 江戸時代後期の国学者。
天明2/3年1月30日生まれ。越中富山藩士。はやくに子に家督をゆずり,江戸にすむ。和漢学,易経に通じ,和歌,書もよくした。また工芸にも才能をしめした。慶応元年6月11日死去。83/84歳。通称は又市(又一)。姓はのち殿岡(外岡)。別号に神通,海雲など。著作に「越中地誌」「周易外伝神通放言」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青木北海の関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥浅間山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone