コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木北海 あおきほっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木北海
あおきほっかい

[生]天明3(1783).越中富山
[没]慶応1(1865)
江戸時代後期の国学者国体をけがすものとして漢文を忌避し,和文を重んじた。著書『神教大訓』『神道文言』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木北海 あおき-ほくかい

1782/83-1865 江戸時代後期の国学者。
天明2/3年1月30日生まれ。越中富山藩士。はやくに子に家督をゆずり,江戸にすむ。和漢学,易経に通じ,和歌,書もよくした。また工芸にも才能をしめした。慶応元年6月11日死去。83/84歳。通称は又市(又一)。姓はのち殿岡(外岡)。別号に神通,海雲など。著作に「越中地誌」「周易外伝神通放言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

青木北海 (あおきほくかい)

生年月日:1782年1月30日
江戸時代後期の国学者
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

青木北海の関連キーワード殿岡北海生年月日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android