青木穠子(読み)あおき じょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木穠子 あおき-じょうこ

1884-1971 明治-昭和時代の歌人。
明治17年10月22日生まれ。大口鯛二(たいじ)にまなぶ。明治42年めざまし会を創立。のち青鞜(せいとう)社にはいり,大正9年このはな会を主宰。戦後,歌誌明鏡」を発行。蜂谷宗致(そうち)に香道をまなび,礼法家としても知られた。昭和46年1月20日死去。86歳。愛知県出身。本名は志やう。歌集に「木霊」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android