コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青空文庫 あおぞらぶんこ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

青空文庫

インターネット上の電子図書館。著作権が消滅している文学作品や著作権料を求めない作品を公開、無料で閲覧できる。外部リンクhttp://www.aozora.gr.jp/

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

青空文庫

作家の死後50年たって著作権が切れた作品などをインターネット上で無料公開し、視覚障害者にも利用されているネット図書館。作品を入力するボランティアで支えられている。

(2007-10-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

あおぞら‐ぶんこ〔あをぞら‐〕【青空文庫】

インターネットを利用して無料で公開されている電子図書館。著作権の切れた作品や作者から無償で提供された作品などを電子化テキスト形式XHTML形式などで読める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

青空文庫

インターネット上の電子図書館。著作権保護期間の切れた文章作品や著者・訳者自身などがネット上での公開に同意した文章作品(主に文学作品)を、テキスト・XHTML・HTMLいずれかの形式で電子化し、無料で公開している。公開されている作品は、作家別・作品別・分野別などで検索でき、青空文庫対応の表示ソフトも多く出ている。運営は1997年7月の誕生以来、ボランティアの力によっており、運営資金は広告収入や寄付などによりまかなわれている。2015年5月現在、収録作品は1万2000点以上。15年4月から株式会社インプレスR&Dにより、印刷書籍(プリント・オンデマンド版)の販売も始まっている。

(2015-5-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青空文庫
あおぞらぶんこ

だれでも無料で利用できるインターネット上の電子図書館。著者の死後50年を経て日本国内で著作権の切れた作品や著作権者が公開を許可した作品を文字データのみ電子化し、通常はテキスト、XHTML(マークアップ言語の一つ。Extensible HyperText Markup Language)、エキスパンドブック(電子出版物用のファイル形式)の3種類のファイル形式で公開している。
 1997年(平成9)に富田倫生(とみたみちお)(1952―2013)ほか4人の呼びかけによって設立された。データの入力や校正は、青空工作員とよばれるボランティア協力者が担当している。2013年(平成25)10月末時点で収蔵作品数は1万3000点を超え、このうち文学分野の作品が約1万0700点を占める。電子書籍事業者も無料で利用できる。
 スマートフォンやタブレット端末が広く浸透したことにより、青空文庫に対応し、本のページをめくるように読むことができる表示用ソフトが多数登場した。また、文字の大きさを調節できるなど、電子書籍の閲覧環境や読書管理が便利になったこともあって、利用者は急増している。テキストファイルに電子化された作品は、パソコンなどで音声に変換して読み上げることが簡単にできるため、視覚障害者による利用も進んでいる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

青空文庫の関連キーワードiBookstoreテキストアーカイブ小説を読もう!島崎藤村豊平文庫

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青空文庫の関連情報