コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子図書館 でんしとしょかん

10件 の用語解説(電子図書館の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子図書館

インターネットを利用して、図書館の所蔵する本のデータベースアクセスしたり、電子化された本を参照したりできる図書館のこと。家に居ながらにして図書館を利用できる画期的システムであるが、著作権の問題など解決すべき問題点も多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

電子図書館

インターネットを通じて、電子書籍を無料で借りられるサービスのこと。利用者は、貸し出し登録をした図書館のIDなどを使い、サービス業者などのサイトから、電子書籍をパソコンタブレットといった自分の情報端末にダウンロードする。あらかじめ設定された貸し出し期間が過ぎると、自動的に閲覧できなくなり、「返却」される仕組みだという。
利用者側のメリットとしては、図書館に足を運ぶ必要がない、24時間利用できる、本の中で特定の語句が表記されたページを検索できる、文字の拡大や音声読み上げ機能などを備えているものもあるため障害があっても利用しやすい、などがある。また、図書館側には、紙のように資料が痛むことがない、複数の利用者に対して同時に同じ資料を提供できる、物理的な資料の保存スペースが必要なくなる、といった利点がある。
国内の公立図書館では2007年、東京都の千代田区立図書館が電子書籍の貸し出しを始めた。日本図書館協会によると、13年4月現在、全国の公立図書館のうち、電子書籍を取り扱っているのは約30館で、全体の約1%にとどまっているという。
公立図書館で普及が進まない背景には、電子書籍を扱う場合、いったん購入すれば著作権者の許可がなくても貸し出しできる紙の本と異なり、貸し出しではなく「公衆送信」という扱いになるため、著作権者の許可や使用料が必要となるという事情がある。紙の本への売り上げへの影響を懸念する出版社や著者が書籍の電子化に消極的で、コンテンツが少ないという理由もあるとされる。
コンテンツ不足の解消のため、KADOKAWA講談社紀伊國屋書店は13年、「日本電子図書館サービス(JDLS)」を共同で設立、図書館で貸し出しできる電子書籍の増加を目指している。また、インターネット通販大手の楽天は、15年3月、電子図書館事業の世界最大手、米オーバードライブ社を4.1億ドル(約495億円)で買収すると発表した。既に展開している電子書籍サービスだけでなく、出版社から有料で貸し出し用の電子書籍を調達し、利用料と引き換えに図書館に提供するビジネスにも乗り出すという。
加えて、国立国会図書館が14年から、同館がデジタル化した資料のうち、絶版などで入手困難となったものを全国の公立図書館へ提供する取り組みを始めたことや、16年の障害差別解消法の施行により、公立図書館にも障害者への配慮が義務付けられるようになることから、公立図書館での電子サービス導入が進むと見る向きもある。
公立図書館以外では、ボランティアによって運営されているインターネットのサイト「青空文庫」などがある。このサイトでは、著作権が消滅した作品や、著作権者の許可が得られた作品が、ボランティアの手で電子化され、提供されている。

(南 文枝 ライター/2015年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電子図書館

公共図書館が運営しており、自分のパソコンやスマートフォンを使って、いつでも本を読めるしくみ。画面上で紙の本のような体裁で読書を楽しめる。2週間などの貸出期間を過ぎると、データが消えて自動的に「返却」され、本を読めなくなる。

(2014-01-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんし‐としょかん〔‐トシヨクワン〕【電子図書館】

electronic library》文献資料を電子化し、インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて情報提供をはかる図書館。エレクトロニックライブラリー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電子図書館【でんしとしょかん】

図書館の様々な機能をコンピューターで実現し統合することによって,新たなサービスを提供しようとする試み。蔵書の検索や図書館業務のコンピューター化のみならず,書籍や資料のデジタル化と読書そのものをコンピューターや携帯端末で行う仕組みを含めて,その開発が欧米をはじめ世界的に進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんしとしょかん【電子図書館 digital library】

図書館の電子化は書誌情報(書誌記述)をコンピューター上に移植することから始められた。これまで書名・著者名から検索する書誌情報は,図書カードに記入されてカードボックスに収められていたが,この情報をコンピューターを利用してデータベース化することによって,迅速かつ多様な検索が可能になったのである。この情報化は,図書館がそれぞれ独自のシステムを構築する段階から,複数の図書館がオンラインによって結ばれて同一のシステムを構築・利用する段階へと進んできた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんしとしょかん【電子図書館】

データ-ベース化した情報を、ネットワークを通じて閲覧・検索するシステム。 EL 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子図書館
でんしとしょかん
electronic library

図書館がもつ膨大な図書や雑誌などの情報を,ネットワークを通じて提供するシステム。オンライン図書館ともいう。図書や付随する情報はページ単位で電子ファイル化されるため,閲覧したい本の題名や目次,索引だけでなく,主要な記述内容や画像・図表までもが検索の対象となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子図書館
でんしとしょかん
electronic librarydigital libraryvirtual library

電子化情報を対象とし、これまでの図書館機能に加えて、ネットワーク社会に対応した機能をコンピュータやネットワーク上でいっそう発展させたシステム。デジタル図書館ともいう。世界的なネットワーク・レファレンスサービス文献調査など)や、目録・リストの提供だけではない、内容そのものを含む全文サービスなどに特色がある。図書館では司書が介在し、図書や雑誌という紙メディアを扱ってきたが、電子図書館ではコンピュータ・ネットワークによる仮想情報世界でのマルチメディア利用が中心となる。これらは大量電子情報の蓄積と検索、およびネットワーク技術によって可能となる。このために場所としての環境や建築物としての形態を必須(ひっす)のものとはしない。しかし、こういった科学技術によって達成される電子図書館は、インターネットの普及と同じく機能自体が社会的な影響力を強くもつが、よい結果だけをもたらすわけではない。電子図書館は新しい技術利用のなかで、従来の図書館が人間の感性に働きかけてきた諸要素も考慮していかねばならない。それは司書のサービスや建物、「図書館」という雰囲気全体に代表される歴史・伝統的な社会機能、すなわち文化概念的な側面である。電子図書館はいまだ、成長期にある社会システムの一種といえる。

電子図書館出現の背景

電子図書館の誕生は、コンピュータと図書館機械化とインターネットとの三者関係にみることができる。1945年にアメリカで電子計算機ENIAC(エニアック)electronic numerical integrator and calculatorが生まれ、その後第二次世界大戦の終了とともに、世界的な大量情報生産・消費時代が始まった。アメリカでは1960年代に入り議会図書館が、コンピュータで利用可能な機械可読目録システムMARC(マーク)を開発し図書館の機械化に貢献した。これをうけて日本でも、1970年代から国立国会図書館や大学図書館での本格的なコンピュータ利用が始まった。
 同じころ、アメリカでは軍事目的を主としたコンピュータのネットワーク結合が本格化し、ついで1980年代中ごろから研究者のネットワーク利用も重要視されはじめた。ここに世界中のコンピュータを容易に結び付けるインターネットが生まれた。1990年代初頭にはクリントン政権の副大統領アルバート・ゴアAlbert Gore(1948― )による情報スーパーハイウェー構想が発表され、教育や産業へのインターネット利用を促進した。また同時期、米欧共同開発によるWWW(World Wide Web、世界通信網)サービスとその検索ソフトであるブラウザーMozaic(モザイク)が世界に普及し、インターネットの利用効率を高めた。
 このような世界の情勢のなかで、1990年を境にして、同時代的にアメリカ、ヨーロッパ、アジア、日本などで、インターネット利用のうち研究・教育的側面を集約した電子図書館の実験が始まり、95年にはベルギーのブリュッセルで開催された「情報社会に関する関係閣僚会合」(先進7か国および欧州委員会が参加)の議案にもなった。

電子図書館の特徴

電子図書館はネットワーク上の文章や画像をはじめとする多様なメディアを相互に関連づけて扱うハイパーメディアを対象とするので、図書や雑誌という紙メディアにあった制約が少なくなる。利用時間や場所の制限がなくなり、音楽や動画を含めた情報を自由に閲覧できるようになる。また論文や小説などの文章全体(全文)に対して、人工知能研究・自然言語処理などの成果が盛り込まれるので、内容そのものに関する知識情報提供など、これまで人手では限界があった多くのサービスが生まれ向上する。一般インターネット世界との違いは、電子図書館が恒常的に中立的な立場にたって必要な情報を取捨選択し、分析し、蓄積し、利用者の目的や要求にかなった高度な援助を行うところにある。

内外の電子図書館

国内では1990年代後半からいくつかの実験と運用とがなされている。国立国会図書館は、電子図書館機能をもった関西館(第二国会図書館)の建設を1998年(平成10)より始め、2002年に開館した。国立情報学研究所では、学会論文誌のイメージ配布を中心とした電子図書館サービスを開始している。大学では筑波大学、京都大学、奈良先端科学技術大学院大学が早くに開始した。京都大学附属図書館の電子図書館サービスでは国宝『今昔物語』を見ることができる。各地の大規模公共図書館では、文部科学省主催による地域電子図書館構想が準備段階に入り、21世紀初頭には普及するであろう。
 国外では1990年代前半からアメリカを中心とした電子図書館の実験および運用がみられる。まず利用者指向のものとして、議会図書館では、アメリカンメモリーという、アメリカの歴史資料を扱ったサービスがある。ニューヨーク公共図書館では、分館間で早期にインターネットを使った実質的なネットワーク共同利用が完備し、これを電子図書館と名づけてもよい。大学ではスタンフォード大学図書館が旧来の図書館機械化の資産を使って早くに電子図書館を運用している。技術指向的な国家的プロジェクトとしては、電子図書館技術の研究開発を目的として、電子図書館推進プロジェクトが発足し、1994年から98年まで5大学6キャンパスに資金助成があった。これは1999年から第二次計画に継承されている。ヨーロッパでは、イギリスやフランス、ドイツなどで国立中央図書館を中心に研究開発がされており、いずれも21世紀には明確な形をみせるであろう。
 そのほか内外を問わずにインターネット技術を応用した小さな個人電子図書館が萌芽(ほうが)をみせており、これまでの図書館概念とは異なった世界の発展も予測される。

電子図書館の課題

電子図書館は今後もコンピュータやネットワーク技術、とりわけ自然言語処理やパターン認識を中心とした情報科学全般の発展によって成長が約束されている。しかし、電子的仮想情報と現実情報との、両者の協調と乖離(かいり)・断絶など、人間存在の本質に根ざした問題は未解決に近い。これらは科学技術だけではない、文化概念的側面からの多様なアプローチを必要とする。また著作権保護と利用料金に関しては出版世界を含む社会的な問題として取り扱っていかねばならない。従来の図書館が原則無料である事実と、電子図書館の課金制度などは、今後も継続して検討し、一律的に急な結論を出してはならない。さらに、これまでの図書館類縁機関(博物館や文書館)との協調、およびそれらを仲介する電子司書・学芸員の役割と責任とは従来にもまして重要視する必要がある。[谷口敏夫]
『M・K・バックランド著、高山正也・桂啓壮訳『図書館サービスの再構築――電子メディア時代へ向けての提言』(1994・勁草書房) ▽長尾真著『電子図書館』(1994・岩波書店) ▽W・F・バーゾール著、根本彰他訳『電子図書館の神話』(1996・勁草書房) ▽石川徹也著『電子図書館が意味するもの――読者・著者・アーティスト・編集者・出版社・取次・書店、そして印刷関連業界に何が起こるか』(1996・マルチメディア出版研究会、出版研究センター発売) ▽谷口敏夫著『電子図書館の諸相』(1998・白地社) ▽宮井均・市山俊治著『電子図書館が見えてきた』(1999・NECクリエイティブ) ▽合庭惇著『デジタル知識社会の構図――電子出版・電子図書館・情報社会』(1999・産業図書) ▽原田勝他編『電子図書館』(1999・勁草書房) ▽京都大学電子図書館国際会議編集委員会編『2000年京都電子図書館国際会議――研究と実際』(2001・日本図書館協会) ▽日本図書館情報学会研究委員会編『電子図書館――デジタル情報の流通と図書館の未来』(2001・勉誠出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

電子図書館

資料と情報を電子メディアによって提供すること,とりわけネットワークを介して提供することをサービスの中心に据えて,従来の図書館が担ってきた情報処理の機能の全体または一部を吸収し,さらに高度情報化社会の要請に呼応した新しい機能を実現させたシステムまたは組織,機関.電子図書館を冠するシステムやプロジェクトは多いが,単なるコンピュータシステムから人的サービスを含むものまで,実現しようとしている機能の差が大きい.ただし,〈1〉電子図書の提供サービスだけではない,〈2〉全文データベースサービスだけではない,〈3〉単なるネットワーク情報資源の蓄積ではない,などは必要条件となろう.インターネット上のシステムやサービスは,virtual libraryとかdigital libraryとも呼ばれる

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子図書館の関連キーワード書誌帝国図書館エレクトロニックライブラリーハイブリッドライブラリー国際子ども図書館図書館の親子図書館の美女岡崎市立図書館問題書誌記述書誌情報

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子図書館の関連情報