コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静古堂 せいこどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静古堂 せいこどう

1802-1840 江戸時代後期の筆師。
享和2年生まれ。武蔵(むさし)の人。筆をつくって全国をめぐり,やがて紀伊(きい)名草郡中島村(和歌山市)にとどまる。書画を愛好し,文人墨客揮毫(きごう)をもとめ所蔵した。天保(てんぽう)11年死去。39歳。通称は大和屋寅蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

静古堂の関連キーワード筆師

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android