コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静脈の病気で受診する診療科 じょうみゃくのびょうきでじゅしんするしんりょうか

家庭医学館の解説

じょうみゃくのびょうきでじゅしんするしんりょうか【静脈の病気で受診する診療科】

 静脈の病気にかかった場合、循環器を専門とする医師がいる科(循環器内科または循環器外科)、または外科を受診します。
 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)などのように、外から見て明らかに静脈の病気だとわかる場合はよいのですが、なかには静脈の病気かどうか迷う場合もあります。そのときは一般内科で相談して専門医を紹介してもらいましょう。
 静脈は、動脈に比べて、直接生命にかかわる病気が少ないため、専門医が少なかったのですが、最近では、循環器のなかでも、血管を専門に扱う血管内科または血管外科で専門的な検査や治療を受けることができるようになっています。最初に受診したところで治療できないときは、適切な専門医を紹介してもらうようにしましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android