コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静脈の病気で受診する診療科 じょうみゃくのびょうきでじゅしんするしんりょうか

1件 の用語解説(静脈の病気で受診する診療科の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょうみゃくのびょうきでじゅしんするしんりょうか【静脈の病気で受診する診療科】

 静脈の病気にかかった場合、循環器を専門とする医師がいる科(循環器内科または循環器外科)、または外科を受診します。
 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)などのように、外から見て明らかに静脈の病気だとわかる場合はよいのですが、なかには静脈の病気かどうか迷う場合もあります。そのときは一般内科で相談して専門医を紹介してもらいましょう。
 静脈は、動脈に比べて、直接生命にかかわる病気が少ないため、専門医が少なかったのですが、最近では、循環器のなかでも、血管を専門に扱う血管内科または血管外科で専門的な検査や治療を受けることができるようになっています。最初に受診したところで治療できないときは、適切な専門医を紹介してもらうようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

静脈の病気で受診する診療科の関連キーワード食道静脈瘤風の病気に掛かる死病病間病身病友余病公務災害循環器疾患

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone