非金属鉱物(読み)ひきんぞくこうぶつ(英語表記)non-metallic mineral

日本大百科全書(ニッポニカ)「非金属鉱物」の解説

非金属鉱物
ひきんぞくこうぶつ
non-metallic mineral

いわゆる重金属を主成分としない鉱物の総称であるが、俗称の意味合いが強い用語。概念的にいえば、金属光沢をもたず、比重の小さい鉱物をさす。学術的に厳密な定義をもつ用語ではない。これらの鉱物は一般にその鉱物自身の特性を生かして利用されることが多く、それに対して化学的処理を行って有用物質を抽出することは少ない。長石のように、化学的には金属元素を主成分として含んでいても、非金属鉱物という扱いを受けることもある。厳密に非金属元素の鉱物という意味で用いる際には「非金属元素鉱物」という表現を用いる。少数の例を除いて淡色で、バリウムを主成分とするもの以外は比重が4を超えることはまずない。具体的には、石英、長石、白雲母(うんも)、沸石石綿粘土鉱物など、なにか特定の用途のある鉱物に対して用いられる名称である。

[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android