面具(読み)めんぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「面具」の解説

面具
めんぐ

中世甲冑小具足の一つ。顔面を防護するもので,形状により半首 (はっぷり) ,頬当て,総面 (そうめん) に分けられる。半首は最も古く『前九年合戦絵巻』『平治物語絵巻』などに描かれている。額から両頬に当てる形のもので内側に着け,また下級武士は兜に代えてこれのみを着けた。南北朝時代以後,顔面全部をおおう総面が用いられ,室町時代後期にはの上,目の下までをおおう当てが盛行した。また鼻のない半頬当て,顎のみに当てる燕頬があり,これら頬当てはすべて下部に垂れを設けてを防護した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「面具」の解説

おもて‐ぐ【面具】

〘名〙 甲冑の付属具。顔面防御の半首(はつぶり)、額当、総面(そうめん)、頬当(ほおあて)などの総称。めんぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「面具」の解説

【面具】めんぐ

仮面。〔楽府雑録、駆儺〕方相四人を用ふ。戴冠び面す。金もて四目を爲し、熊裘を(き)、(くわ)を執り、(たて)を揚げ、口に儺儺(だだ)の聲を作(な)し、以て除するなり。

字通「面」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android