コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘堂 サヤドウ

3件 の用語解説(鞘堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さや‐どう〔‐ダウ〕【×鞘堂】

建物を風雨などから保護するため、外側から覆うように建てた建築物。中尊寺金色堂のものが有名。覆堂(おおいどう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞘堂
さやどう

建造物を保護するために、全体を覆って外側に建てられた建物。覆堂(おおいどう)、覆屋(おおいや)ともいう。略して単に鞘とだけよぶこともある。仏堂では中尊寺金色堂(岩手県)の覆堂が有名である。神社では京都・宇治上神社本殿が内殿3社を覆う覆屋的な性格をもつ。墓碑などを覆ったものでは旧天瑞寺寿塔覆堂(神奈川県)や筒井順慶五輪塔覆堂(奈良県)が桃山時代の覆堂として有名。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone