コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音受容 おんじゅようphonoreception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音受容
おんじゅよう
phonoreception

音刺激を受容することをいい,普通は聴覚器官行われる。やや広義には,魚類の側線による振動受容なども含まれる。昆虫の鼓膜器官は腹部や前肢にあり,鼓膜の振動が直接これに連絡した感覚細胞を刺激する。脊椎動物では内耳の迷路で行われ,鳥類や哺乳類ではよく発達して蝸牛管を形成している。蝸牛管全長にわたって有毛細胞が基底膜上に並び,コルティ器官を形成している。これは音の強さや高低を判別する。人では 16~20Hzから 1.6万~2万 Hzまで,コウモリでは 10万 Hzまで聞くことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone