音羽焼(読み)オトワヤキ

  • おとわやき おとは‥
  • おとわやき〔おとは〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 京焼の一つで、その源流にあたるもの。江戸初期から中期にかけて、京都一円におこった数多くの窯(かま)のうちの一つ。寛文年間(一六六一‐七三)の創始ともいわれる。享保(一七一六‐三六)頃京都五条坂に移された窯が、五条清水焼であるとされ、初期の音羽焼は無印で、古音羽という。
※隔蓂記(1635‐68)寛文六年九月一〇日「音羽焼き茶碗」
② 寛永四年(一六二七)酒井庄太郎の創始により、大阪府貝塚市堀新町あたりで産した陶器。京音羽焼の分派とみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android