コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水焼 キヨミズヤキ

百科事典マイペディアの解説

清水焼【きよみずやき】

京焼の一つ。初世清水六兵衛が18世紀後半五条坂に開窯。古いころは野々村仁清風の色絵陶で,これを古清水という。19世紀前期から磁器を焼き,以後これが主流となった。
→関連項目京都[市]清水坂東山[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きよみずやき【清水焼】

京焼の一。清水五条坂付近で産する陶磁器。色絵磁器が特に名高い。代表的陶工に清水六兵衛・仁阿弥道八・青木木米らがいる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水焼
きよみずやき

京焼」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水焼
きよみずやき

近世京焼の代表的な焼物。桃山時代に始まる京都の製陶業は、江戸時代に入ってとくに東山山麓(さんろく)一帯で発展をみた。清水焼はその一窯であり、『隔(かくめい)記』の寛永(かんえい)20年(1643)10月の条に登場してくるのが史料の初出である。17世紀から18世紀にかけては、あくまで赤の上絵を控えた緑と青を主調とする優美で瀟洒(しょうしゃ)な色絵の作風を示している。しかし開窯当初の古格な遺品は判然とせず、上述の作風も東山諸窯に共通する様式美であり、その意味でこの窯の個性は乏しい。したがって有印・無印を含めて、粟田口(あわたぐち)、御菩薩(みぞろ)、岩倉山、清閑寺、音羽(おとわ)などの諸窯の製品を一括して世に古清水と呼び習わしている。
 18世紀に入ると東山諸窯は粟田口、清水、五条坂の京焼「三所」に集中し、文化(ぶんか)年間(1804~18)を迎えると磁器焼成へと大きく発展する。仁阿弥道八(にんなみどうはち)、2代和気亀亭(1822没)、初代水越(みずこし)与三兵衛(1845没)らの尽力により、白磁、染付、青磁を焼き、近代的生産体制を固めると同時に、優れた個人陶工が美術陶磁も手がけた。その結果、伝統的な色絵陶器は主として粟田口で、新興の磁器は清水・五条坂窯で焼かれることとなった。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清水焼の言及

【京焼】より

… 幕末・明治の変革期には西欧陶技の導入,輸出陶磁の製作,工場生産への転換などが試みられたが必ずしも成功せず,その後は伝統的な高級品趣向,技術的な卓越さ,個人的作家的な性格を強めながら継続された。そして伝統的なものと革新的なものが共存しながら多くの陶芸作家を輩出し,第2次大戦後には走泥社など新しい陶芸運動の発祥地ともなり,現在では〈京焼・清水焼〉として通産省より伝統的工芸品の指定を受けるに至っている。【河原 正彦】。…

※「清水焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清水焼の関連キーワード清水 六兵衛(6代目)清水 六兵衛(5代目)清水 六兵衛(4代目)清水六兵衛(4代)清水六兵衛(3代)清水六兵衛(5代)清水六兵衛(6代)山形県山形市平清水清水六兵衛(2代)清水六兵衛(初代)清水六兵衛(六代)清水六兵衛(五代)仕舞い物・仕舞物清水(京都市)音羽屋九郎兵衛谷口 善太郎京焼・清水焼清水七兵衛谷口善太郎寺池静人

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水焼の関連情報