コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響作曲 おんきょうさっきょくKlangkomposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響作曲
おんきょうさっきょく
Klangkomposition

1950~60年代前半のセリー (音列) による作曲とは異なり,楽器のさまざまな音色や,楽器自体をたたいて発する雑音効果,トーンクラスター (2度以下の音程間隔で密集した「音の塊」) などを用いて,新たな音響効果を追求した作曲方法のことを指す。 60年代後半より認められる傾向であるが,70年代から 80年代にかけて,より一般的な手法になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

音響作曲の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生