コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音列 おんれつ Tonreihe

2件 の用語解説(音列の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音列
おんれつ
Tonreihe

一定の音程組織をもつ音の列。数個ないし 12個の音で構成される。3音音列,全音音列,12音音列などとして用いる。音階,旋法と異なり,主音,属音などの設定はなく,楽曲中そのままの形で用いるのが通例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音列
おんれつ
tone-row英語
Tonreiheドイツ語
srieフランス語

広義には、たとえば西洋近代の十二平均律やジャワのペロ音列のように、ある楽曲に使用するしないにかかわらず、その文化内に存在する音の系列をいう。また、音階や旋法とは異なる一定の組織をもつ音の系列をもいい、たとえば全音音階のように主音とそれに関係する属音や導音といった諸機能をもたない音階は、全音音列ともよばれる。十二音音楽無調音楽などで音列という場合は、その楽曲の楽曲構造の基礎となる互いに異なる数個ないし12個の音の順列をさし、この音列をもとにした作曲法を音列作法または音列技法とよぶ。この場合は、1オクターブ内の12個の異なる音によって成り立つセリーsrieとは異なり、音列はかならずしも12個の音を必要としない。[南谷美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音列の言及

【十二音音楽】より

… シェーンベルクの十二音技法は,彼自身〈相互の間でのみ関係づけられた12音による作法〉と述べており,いわば無調音楽の組織的作法といえる。その中心はセリー(音列)にあり,オクターブ内にある12種の音から作品ごとに特定の音列を定め,それをその曲の基礎形態とした。基礎形態はその反行形,逆行形,反行の逆行形という変形(鏡像形)をもち,またそれぞれの音列は半音ずつ高められた移置形をもつ。…

【セリー】より

…音列のこと。音列とはある数の音を一定の順序に並べ,それを作曲の基礎として用いるもので,十二音音列が最も代表的な例である。…

※「音列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音列の関連キーワード音程支持組織純正調大衆政党短音階長音階半音風の音の組織化植物タンパク質組織化ダイズタンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音列の関連情報