コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韶舜 しょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韶舜 しょうしゅん

1825-1886 江戸後期-明治時代の僧。
文政8年4月1日生まれ。天台宗出雲(いずも)(島根県)円流寺の泰道(たいどう)について出家,比叡(ひえい)山で覚洞(かくどう)にまなぶ。明治4年各宗をまとめた同盟会の結成にくわわり,廃仏毀釈(きしゃく)に抗議。のち大教院の教導職,東京浅草(せんそう)寺の住職をつとめた。明治19年3月30日死去。62歳。出雲出身。姓は唯我。字(あざな)は薫契。号は如風

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android