コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韶舜 しょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韶舜 しょうしゅん

1825-1886 江戸後期-明治時代の僧。
文政8年4月1日生まれ。天台宗出雲(いずも)(島根県)円流寺の泰道(たいどう)について出家,比叡(ひえい)山で覚洞(かくどう)にまなぶ。明治4年各宗をまとめた同盟会の結成にくわわり,廃仏毀釈(きしゃく)に抗議。のち大教院の教導職,東京浅草(せんそう)寺の住職をつとめた。明治19年3月30日死去。62歳。出雲出身。姓は唯我。字(あざな)は薫契。号は如風

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

韶舜の関連キーワード明治時代唯我韶舜

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android