コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頃・比 ころ

大辞林 第三版の解説

ころ【頃・比】

時間・時期を限定する語に付いて、だいたいその時であることを示す。その時あたり。時分。 「幼い-の思い出」 「あれは東京に住んでいた-のことだ」 「紅葉の-にまたいらっしゃい」
時節。時期。文語的な言い方。 「 -は六月、雨の降る日」
適当な時期。潮時。頃合い。 「 -を見計らう」
大きさ。規模。 「宗砌云、会衆の-は上手三人・下手三人・執筆の外、下手二人と/兼載雑談」 「雀の-は梟ふくろ程ながよからう/咄本・昨日は今日」
程度。加減。 「これお吉、人の世話もよい-にしたがよい/浄瑠璃・油地獄
「ごろ」の形で他の語の下に付いて、接尾語的に用いる。
時を表す語に付いて、その前後を漠然と示す。 「一時-帰る」 「二月-できあがる」 「一六〇〇年-」
動詞の連用形に付いて、そうするのにちょうどよい状態である意を表す。 「桜は今が見-だ」 「食べ-」
名詞に付いて、その面でほどよいの意を表す。 「年-」 「値-」 「手-」
年・月・日などの語に付いて、かなり時間の経過したことを表す。 「年-も御祈りなどにつけ、語らひ給ひけれど/源氏 夢浮橋」 「月-隠させ給ひける本意/源氏 夢浮橋

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頃・比の関連キーワード香川 春蘭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android