須山三益(読み)すやま さんえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須山三益 すやま-さんえき

1810-1871* 幕末-明治時代の医師。
文化7年生まれ。伊勢(いせ)津藩医。祖先は須山検校(けんぎょう)。家業の鍼術,医術をつぎ,京都にでて山本亡羊について人体解剖をまなぶ。本草学にくわしく,おおくの草木や貝類を収集した。明治3年12月7日死去。61歳。名は伴良。号は鎖翠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android