コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頑極官慶 がんごく かんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頑極官慶 がんごく-かんけい

1682-1768* 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)2年10月27日生まれ。肥前諫早(いさはや)(長崎県)の人。肥前の曹洞(そうとう)宗天祐寺の月門について得度。徳翁良高らにまなび,遠江(とおとうみ)(静岡県)少林寺の黙子素淵の法をつぐ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊氏の帰依(きえ)をうけ彦根の清凉寺にはいり,名古屋に新豊寺を創建した。明和4年12月10日死去。86歳。俗姓は古川。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頑極官慶の関連キーワード官慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android