コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼印 らいいん

2件 の用語解説(頼印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼印 らいいん

1323-1392 南北朝時代の僧。
元亨(げんこう)3年生まれ。真言宗鶴岡八幡宮別当頼仲にまなぶ。関東管領足利氏満の護持僧をつとめ,応安4=建徳2年(1371)上野(こうずけ)(群馬県)榛名山(はるなさん)(現榛名神社)座主(ざす)となり,北朝を支援。至徳2=元中2年(1385)鎌倉永福寺別当。霊験あらたかな加持祈祷で知られた。明徳3=元中9年4月26日死去。70歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

頼印

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:元亨3.4.14(1323.5.19)
南北朝時代の真言宗の僧。動乱の関東にあって,霊力を駆使し猛威を振るった伝説的人物。榛名山座主で地蔵菩薩の化身であったという。その事跡を語る「頼印大僧正行状絵詞」(『続群書類従』9)は全編にわたり頼印の密教修法の凄まじい霊験と彼にまつわる異様な霊夢に満ち,中世関東の精神風土を知るうえの格好の史料。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頼印の関連キーワード持明院統大覚寺統南北朝時代北朝元中賢悟千峰本立高倉永季三島外記吉田宗房

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone