コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼印 らいいん

2件 の用語解説(頼印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼印 らいいん

1323-1392 南北朝時代の僧。
元亨(げんこう)3年生まれ。真言宗鶴岡八幡宮別当頼仲にまなぶ。関東管領足利氏満の護持僧をつとめ,応安4=建徳2年(1371)上野(こうずけ)(群馬県)榛名山(はるなさん)(現榛名神社)座主(ざす)となり,北朝を支援。至徳2=元中2年(1385)鎌倉永福寺別当。霊験あらたかな加持祈祷で知られた。明徳3=元中9年4月26日死去。70歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

頼印

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:元亨3.4.14(1323.5.19)
南北朝時代の真言宗の僧。動乱の関東にあって,霊力を駆使し猛威を振るった伝説的人物。榛名山座主で地蔵菩薩の化身であったという。その事跡を語る「頼印大僧正行状絵詞」(『続群書類従』9)は全編にわたり頼印の密教修法の凄まじい霊験と彼にまつわる異様な霊夢に満ち,中世関東の精神風土を知るうえの格好の史料。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

頼印の関連キーワード明徳李成桂後亀山天皇鄭夢周李朝後亀山天皇元中高麗(朝鮮の王朝)朝鮮演劇朝鮮音楽

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone