コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼聿庵 らい いつあん

2件 の用語解説(頼聿庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

頼聿庵

江戸後期の儒者。山陽の子。名は元協、字は承緒、通称は余一、別号に春嶂がある。春水の歿後広島の宗家を継ぎ、のち学問所儒員となる。また山陽の遺書を弟支峰や三樹三郎らと謀り開版を行った。安政3年(1856)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼聿庵 らい-いつあん

1801-1856 江戸時代後期の儒者。
享和元年2月20日生まれ。頼山陽の長男。安芸(あき)広島藩士。父が脱藩したため,祖父頼春水の跡をつぐ。藩の学問所につとめ,のち藩主浅野斉粛(なりたか)の長男慶熾(よしてる)の侍講となる。家塾天日堂でもおしえ,山陽の著作の出版につとめる。書にすぐれた。遺作に「聿庵詩稿」など。安政3年8月30日死去。56歳。名は元協。字(あざな)は承緒。通称は余一。別号に鶴年,春嶂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

頼聿庵の関連キーワード新井静斎大田晩成荻生青山河原橘枝堂五井鶴城佐藤東斎菅新菴牧百峰丸山南海門司東里

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone