コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼重 らいじゅう

2件 の用語解説(頼重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼重 らいじゅう

?-1384 南北朝時代の僧。
薩摩(さつま)(鹿児島県)坊津(ぼうのつ)の一乗院から琉球にわたる。察度(さっと)王の許しをえて真言宗をひろめ,護国寺の開山(かいさん)となったとされる。至徳元=元中元年8月21日当地で死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

頼重

没年:察度35.8.21(1384.9.6)
生年:生年不詳
真言宗の僧侶。頼重が入滅したことを記した『球陽』(琉球の正史)には,琉球の護国寺の開山住持で,琉球国に来た時期や寺を建立した時期は不明とする。『琉球国由来記』の波上山護国寺の住持次第(歴代僧侶)には,開山は頼重,第2代以後数十年は記録がないと記しながら,次の住持が登場するのは頼重没後160年以上で,護国寺の開山とするには無理がある。ただ,頼重が14世紀に来琉したことは確かであり,察度王の信任を得て真言宗を布教,当地で入滅したことで,頼重を護国寺の開山に位置づけた可能性は強い。また,歴代の住持の中に「頼」がつく僧が多いのも注目に値する。

(上江洲敏夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の頼重の言及

【護国寺】より

…山号は波上山。開山は,縁起や史書には薩摩国坊津一乗院より来琉した頼重法印とし,1384年に入滅したという。しかし,その護国寺は浦添城(現,浦添市)近くにあったもので,現在の寺は現所在地にあった大安禅寺が廃絶した跡に日秀上人が開創したとの説もある。…

※「頼重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頼重の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深上月諦了阿刀弘文鷲尾光遍高野山大学新義真言宗真言律宗古義真言宗理満

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頼重の関連情報