(読み)か

精選版 日本国語大辞典「顆」の解説

クヮ【顆】

〘接尾〙 果物などのように、になったものを数えるのに用いる。つぶ。
※延喜式(927)四「鉄六廷、砥四顆」
平家(13C前)二「其恩の重き事をおもへば、千顆万顆の玉にもこえ」 〔漢武帝内伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「顆」の解説

か【顆】[漢字項目]

[音]カ(クヮ)(呉)(漢) [訓]つぶ
丸くて小さなもの。つぶ。「顆粒かりゅう一顆

か〔クワ〕【×顆】

医学で、の丸みをおびた突出部。「大腿骨外側だいたいこつがいそくか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【塩】より

…炉は石組みのもの,石敷きのもの,灰土で壁をつくるものなどあり,大は福井県大飯町船岡遺跡の長径約5m,短径約1.8mの石敷炉,小は香川県坂出市ナカンダ浜の長径約1.0m,短径約0.7mの灰土炉などがある。製塩土器でつくられた塩が,さらに加熱固型化され,いわゆる焼塩にされる場合もあり,古代の文献にみえる顆(か)あるいは果という計量単位は,こうした固型焼塩の存在を示すものであろう。したがって,製塩土器が内陸で炭灰とともに発見されることがあるのは,単に運搬容器としてだけでなく,搬入先で焼塩が行われたことをも示す。…

※「顆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android