コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【顆】[漢字項目]

[音]カ(クヮ)(呉)(漢) [訓]つぶ
丸くて小さなもの。つぶ。「顆粒(かりゅう)一顆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 顆突起,関節丘などともいう.骨端の丸い隆起,すなわち関節突起で,特に指関節についていう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

か【顆】

( 接尾 )
助数詞。玉・果実など、粒になったものを数えるのに用いる。 「一-のルビー」 「半-のミカン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【塩】より

…炉は石組みのもの,石敷きのもの,灰土で壁をつくるものなどあり,大は福井県大飯町船岡遺跡の長径約5m,短径約1.8mの石敷炉,小は香川県坂出市ナカンダ浜の長径約1.0m,短径約0.7mの灰土炉などがある。製塩土器でつくられた塩が,さらに加熱固型化され,いわゆる焼塩にされる場合もあり,古代の文献にみえる顆(か)あるいは果という計量単位は,こうした固型焼塩の存在を示すものであろう。したがって,製塩土器が内陸で炭灰とともに発見されることがあるのは,単に運搬容器としてだけでなく,搬入先で焼塩が行われたことをも示す。…

※「顆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顆の関連キーワードスフェロフェルサイト状組織ラディオリティック組織コリオジェニック球顆ひび割れ陶磁器組織内側上顆骨端核障害内側上顆骨端線離開セントロジェニックブラッタースタインエイコンドライト微球顆石英粗面岩ペデイオライトラディオライト帽章晶子状球顆玄武球顆状組織クロット花崗岩顆球石英粗面岩珪長岩ボール珪長質球顆体球顆玄武岩球顆状組織

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android