コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願暁 がんぎょう

1件 の用語解説(願暁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願暁 がんぎょう

?-874 平安時代前期の僧。
大和(奈良県)元興寺の薬宝,大安寺勤操(ごんぞう)に三論をまなび,法相(ほっそう),真言にも精通。元興寺でおしえた。貞観(じょうがん)6年(864)新設された法橋(ほっきょう)上人位に任じられた。弟子に聖宝(しょうぼう)や隆海らがいる。貞観16年2月27日死去。著作に「金光明最勝王経玄枢」「大乗法門章」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

願暁の関連キーワード滋岳川人醍醐寺醍醐寺黄巣の乱醍醐寺平惟範平貞文道昌梨田昌孝醍醐寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone