コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風外慧薫 ふうがい えくん

3件 の用語解説(風外慧薫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

風外慧薫

江戸前期の曹洞宗の奇僧。永禄11年(1568)上野生。墨戯を能くし、もっぱら達磨・布袋・自画像等を描く。晩年、青銅三百文で穴を掘らせ、自らそこに投じて植木のように寂したという。承応3年(1654)のことと伝えられる。俗に穴風外・古風外と称する。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風外慧薫 ふうがい-えくん

1568-1654? 江戸時代前期の画僧。
永禄(えいろく)11年生まれ。曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)成願寺住職。のち曾我山中の巌窟(がんくつ)にすみ,遠江(とおとうみ)石岡にうつる。承応(じょうおう)3年ごろ墓穴をほらせ,その中で入寂(にゅうじゃく)したという。87歳? 達磨(だるま),布袋(ほてい)の絵を得意とし,穴風外などとよばれた。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

風外慧薫

没年:慶安3(1650)
生年:永禄11(1568)
江戸初期の禅僧画家。名は慧薫。上野国(群馬県)碓氷郡土塩村の人。修業ののち,相模国小田原(神奈川県)の成願寺に住した。数年ののち上曾我の洞窟に移り住み,托鉢のかたわら,達磨,布袋などの禅画を数多く描いた。のちに真鶴の竹渓院,遠江国(静岡県)石岡と移った。今もそれらの地に風外窟などといわれるものが残っている。<参考文献>平塚市美術館『相模の禅僧 風外慧薫作品集』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風外慧薫の関連キーワード狩野松伯永海勝継狩野友我順専雪林兆渓元明伝古等伝墨隠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone