風疿(読み)かざほろし

精選版 日本国語大辞典「風疿」の解説

かざ‐ほろし【風疿】

〘名〙 (後世「かざぼろし」とも。「ほろし」は発疹(はっしん)のこと) 熱のためにできる発疹。風邪によるものとされた。風花(かざばな)。かぜぼろし。〔十巻本和名抄(934頃)〕
浮世草子・世間旦那気質(1773)二「旦那様が俄にお身をかゆがりなさるるゆへ、お腹やお手足を見れば、風ぼろしが一めんに出まして」

かぜ‐ぼろし【風疿】

※浮世草子・傾城禁短気(1711)三「風(カゼ)ぼろしで身内がかゆいと申ます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android